IoT

科学とテクノロジーによる
農業の実現に向けて

ベジタリア独自の農業アプリケーションで、これまで圃場に行かなければ確認できなかった環境状態や作物の生育状況などの情報を
スマートフォンやタブレットなどの端末上で遠隔確認することができます。
各種センサデバイスを通じて得られた環境データ、栽培データ、気象データなどのビッグデータを
AIを用いて解析することで、栄養価や機能性が高く、安全安心な農作物生産の実現を目指しています。

FieldWatch:データ閲覧 農家 FieldServer:フィールドモニタリング 圃場の環境情報や作物の生育状況の把握 agri-note:農業日誌・圃場管理 農作業を記録、瞬時に情報共有 PaddyWatch:水質管理給排水の遠隔操作

PRODUCT

農業用圃場計測モニタリングシステム

FieldServer

フィールドモニタリングで
科学とテクノロジーによる農業を実現

フィールドサーバは農業現場で必要とされる圃場の環境情報や作物の生育状況を常時モニタリングできるシステムです。
データは、お使いのスマートフォンやタブレット上で確認することができ、データに基づいた栽培管理が実現します。

FEATURE
  • 土壌環境の測定

    CO2 測定、土壌温度、土壌水分、土壌EC(電気伝導率)など土壌環境の測定ができます。

  • 環境測定

    温度、湿度、日射を測定することにより、安定した生育環境をモニタリングできます。

  • 病害虫のリスク管理

    凍霜害やカイガラムシの被害などを予測し、「注意報」をプッシュ通知します。

水稲向け 水管理支援システム

PaddyWatch

「水田センサ」を使って水位情報などをスマホ・タブレットで自動受信

センシング技術を使った水田センサ(パディウォッチ)を使うことで、
経営コストの約30%を占める水田管理労務費と労力の効率化が図られ、大区画化へのステップにつながります。

FEATURE
  • センサリング技術+天候予測

    水稲生産に重要な水位・水温を自動計測・蓄積を行ない、地上部の温度・湿度の変化も記録可能です。

  • データサイエンス技術

    高温登熟対策、病虫害雑草予察、収穫時期予測、作物種別水管理などをデータ解析し効率よく水田を管理できます。

  • ロボット技術

    水位の自動コントロールや、給排水などをスマホで一括管理が可能です。

農業日誌・圃場管理ツール

agri-note

圃場がわかる。未来がかわる。

agri-noteは圃場や作業の管理から比較・分析まで目的に合わせて活用できるクラウドサービスです。
農作業を記録、瞬時に情報共有して「勘と経験」を協力にサポートします。

FEATURE
  • マップベースで
    農作業の情報共有

    航空写真をベースに農作業の記録を作成し、作業記録は一覧から選択するだけの簡単入力。記録やデータの閲覧も、マップ上の圃場をクリックするだけで可能です。

  • スマートフォン・タブレットで現場でも大活躍

    GPS機能でバラバラになっている圃場の位置を確認でき、現場で記録して、瞬時に情報共有。気になったら、現場の写真もアップロードできます。